産業用ロボットはアメリカ南北戦争の歴史的意義を表象するものである

産業用ロボットは、人間を危険で過酷な労働から解放するものです。
これまでは、間近に数千度の熱がある環境だろうと、
落下すれば命は保証がない現場だろうと、人の手が必要でした。
しかし現在では、機械の活用により、人命という最低限の権利が
守られるようになったのです。
これはアメリカ南北戦争とよく似ています。
この南北戦争の歴史的意義とは、アメリカ南部における
奴隷層の解放にありました。
人権も、ときには人命すらも顧みられない過酷な生活は、
人間らしさというものをすり減らしていくものでした。
しかし、アメリカ南北戦争以後、
こうした動きは徐々に是正されていったのです。
リンカーンの人権への理想は、今や、
産業用ロボットという技術が担保してくれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です